トップへ
営業時間
10:00~19:00
06-6710-4166

よくあるご質問

faq

帰化申請に関して

Q自分で帰化申請はできますか?

はい、可能です。ただし、ご自身で帰化申請をされるとなると膨大な量の書類の収集、申請書類の作成、法務局との事前相談や予約などすべて一人で行なわないといけません。どのような書類が必要なのかを調べて役所へ請求をかけたり申請書類の作成はとても時間がかかります。また、必要書類の中には本国の書類もあり、こちらは日本語に翻訳する必要があります。当事務所では、韓国語から日本語への翻訳は行政書士が対応しておりますので安心してご依頼いただけます。また、過去にご自身で書類を集めたけどあまりの多さに嫌になったという方もたくさん当事務所にお見えになれています。

Q帰化申請から許可まで期間はどれぐらいかかりますか?

管轄の法務局へ帰化申請をしてから約10ヶ月から1年数ヵ月かかる場合もありますが、特別永住者の方の場合は申請してからおおよそ6か月から8か月程度で下りることが多いです。帰化申請は、申請後も時間がかかりますが申請前も書類の収集に時間を要します。帰化申請をお急ぎの場合は、いかに早く書類を収集できるかがカギとなりますので就職や結婚・出産のタイミングで帰化申請をされたい場合は、お早めにご依頼いただけましたら 最短で書類を揃えるお手伝いをさせていただきます。

Q交通違反がありますが大丈夫でしょうか?

軽度の違反であれば、そこまで厳しく審査はされないので大丈夫です。ただし、帰化申請の要件で「素行が善良であること」(国籍法第5条3項)とありますので違反回数が多い場合や、内容などにより変わってくることもありますので心配な方は、一度ご相談ください。

ビザ申請よくある質問

Q外国人の採用を考えていますが、どんな業種でも雇用できますか?また、こうした業種で採用してビザの申請は可能でしょうか?

業種や職種により、就労ビザを取得する際の必要な要件は異なりますが、在留資格の審査上、単純労働とみなされている飲食店のホールスタッフやホテルのベッドメイキングなどでは原則として就労ビザはおりないものと考えております。(留学生の資格外活動や配偶者ビザを持っている方は除く)就労ビザを取得する際に就ける業種は専門性があるものに限られています。また、その外国人の経歴や大学で専攻していた分野・科目と就職先で従事する業務の専門性が一致している必要があり、あまりかけ離れている場合は問題になることもあります。 それぞれの事例により異なりますので、まずはお問合せくださいませ。

Q外国人を雇っていますが、ビザだけでなく外国人の労務管理などの相談にも乗っていただけますか?

当事務所は社会保険労務士の事務所でもありますので、外国人の労務管理や保険関係の手続きも対応しております。詳細は、お問合せくださいませ。

Q日本で起業したいのですが、ビザの手続きだけでなく会社設立や設立したあとの手続きもお願いできますか?

はい。会社設立にかかる定款作成は当事務所にて、商業登記は提携している司法書士と連携して行っております。設立後のの労務問題は当事務所にて対応しており、外国人税務に詳しい税理士のご紹介もさせていただいております。会社設立からビザの申請まで、ワンストップサービスで対応させていただいておりますのでお気軽にお問合せくださいませ。

ご相談に関して

Q平日の夜か土日しか時間が取れません。大丈夫でしょうか?

お時間が取れない方のために、事前予約により平日の夜や土日の相談も受け付けております。ご相談のご予約の際にその旨お申し出下さい。

Q支払いのタイミングを教えてください。

業務開始時、内容に応じ3万円から10万円の着手金をいただいております。許可申請等において、申請費用(印紙・収入証紙代等)がかかる場合は、申請前にお預かりいたします。

Q相談した事を秘密にしてほしいのですが大丈夫ですか?

ご安心下さい。行政書士は行政書士法において「正当な理由なく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない」という「守秘義務」が課されております。どうぞ、安心してご相談下さい。